人気の動画を見たい、今ハヤリのゲームをしたい、外で使う頑丈なパソコンが欲しい…などなど、使い方に合ったパソコンを選ぶお手伝いをします。

結局windows 10にはアップグレードするべき?しないべき?

windows 10の使い勝手はいかほどか?

windows 10がリリースされてから、早いもので半年ほどが経ちました。家電量販店などではwindows 10がインストールされたモデルも発売され始めていますね。多くの方がwindows 10に興味を持たれていると思いますが、今お持ちのパソコンがまだまだ現役で使えるので「windows 10は気になるけど、買い替えにはまだ早いんだよなあ」と思っている方もいらっしゃると思います。

 

そんなお客様によく聞かれることが、「windows 10にアップグレードした方がいいの?」という質問です。windows 7とwindows 8.1を使用されている方は、パソコンを使うたびにwindows 10へのアップグレードを促す表示が出てくると思うので、どうしても気になってしまいますよね。(ちなみにアップグレードは2016年7月28日まで無償で行えます)

さて、この質問をされる方の多くは下記3点についてお聞きになられることが多いです。

1、windows 10にすると使い勝手は良くなるのか?
2、windows 10にしたら不具合が出たということをよく聞くけど、実際の所どうなの?
3、今すぐwindows 10にアップグレードした方が良い?

windows 8からwindows 8.1にアップグレードした時に不具合報告が多数あったり、windows 8が出始めのころは新しいwindowsは使いづらい!と酷評の嵐だったので、「今回のアップグレードもそうなんじゃ?」とみなさん慎重になっているのでしょう。

では、実際の所はどうなんでしょうか?windows 10が出て半年、無料期間が今年の7月末頃までの今だからこそ、今現在の状況を踏まえてレビューをしていきます^^

 

さて、一つ一つ詳しく見ていく前に、先に結論から簡単にそれぞれについてお伝えします。(下記結論の番号は、上記の番号とそれぞれ対応しております)なお、windows 10を使用しているパソコン屋店員一個人の完全な主観となっておりますので、その点はご了承下さいましm(_ _)m

1、windows 7→10だと使いずらくなるが、windows 8.1→10だと若干使いやすくなる
2、不具合が起こる可能性は少なくないのでご注意を。特にwindows 7からアップグレードした際に起こることが多め
3、1も踏まえた上で、今お使いのパソコンの購入時期や使用頻度によって変わってくる(詳細は後述します)

う〜ん、これだけ見るとwindows 10にするのはなんだか微妙な感じでしょうか?

インターネットでの意見を見てみると、今はまだアップグレードしないほうが良いという意見の方が多いですが、どちらかと言うと私も同意見です。

 

とは言うものの、アップグレードすることによるメリットももちろんあります。例えば、アップグレードすることによる明確なメリットとして挙げられるのは、サポート期間が長くなるということです。(windows 7→10なら5年半くらい、windows 8.1→10なら2年半くらいサポート期限が長くなります。windows 10のサポート期限は2025年10月14日までです)

このようにメリットももちろんありますが、次から詳細をそれぞれ見ていきたいと思います^^

1、windows 10にすると使い勝手って良くなるの?

 

windows 10の使い勝手は良い?

上では「windows 8.1→10にアップグレードするなら使い勝手は若干良くなるよ!」とお伝えしました。具体的にはどういった理由でそういった結論になったのか?windows 10になって新しく変わった点を知っている方も多いとは思いますが、その変更点を「今までの使い勝手からどのように変わるか?」ということに注目して解説していきます^^

windows 8.1になり一度廃止されたスタートボタンが復活した!

windows 10ではスタートボタン(windows 7以前にはあった画面左下のボタンで、全てのプログラムを開いたりシャットダウンするときに使うボタンです。下画像参照)が復活しているんです。windows 10の目玉の一つなので知っている方も多いかと思います。windows 8.1で最も不満の声が大きかった部分のひとつが、それまでにあったスタートボタンが廃止されたこと。これがあまりにも使いづらいということでwindows 10ではスタートボタンが戻ってきているので、使い勝手は良くなっています。

スタートボタン画像

※windows 7のスタートメニューボタン。windows 8.1では廃止されていた

 

けれど、windows 10のスタートボタンってwindows 7のスタートボタンに比べてちょっと見づらいんです。理由は下画像を見ていただくと一目瞭然!何が見辛いかって、windows 10だと一つ一つのプログラム名が大きく、さらにスクロールして探さなくてはいけないので、必要なプログラムが探しにくい!これは実際に触ってみるとよくわかります。

スタートボタンのトリミング

※一画面に表示されるプログラム名が少ないので、スクロールして探すのが大変!

 

これがwindows 7だったら一つ一つのプログラム名が小さいので、目的のプログラムをすぐ見つけられます。大きさ一つでこんなに探しやすさが変わるのか!と初めてwindows 10を使用したときはちょっと驚きでした。

とは言え慣れの問題ですし、よく使うプログラムはデスクトップにショートカットを作っておけば大丈夫ですが、私も含めてデスクトップをなるべくシンプルにしておきたい方にとってはなんとも微妙です…^^;

windows 10にすると起動が速くなると謳われていますが…はたして?

windows 10の売りの一つに「起動が速く、快適になります」というものがありますが、実際はどうなんでしょうか?

私は仕事柄、windows 7や8.1のパソコンを10にアップグレードしたり、お客様自身でwindows 10にしたパソコンの点検をすることが頻繁にあります。そこでまずは私がアップグレードした時の体感なのですが、速度は…う〜ん、大して変わらないことが多いです。さらにwindows 10のパソコンのお持ち込みがあった時も同様で、「動作が速くなって快適になったよ!」という声はあまり聞きません。それどころか、「動作がすごく遅くなった…」という声を10人に3人くらいから聞きます…。

 

ですので、動作が速くなるということを期待してアップグレードするのは辞めたほうが良いと思います(汗)

インターネットのブラウザがMicrosoft Edgeに変わっている!

windows 8.1以前は元々入っているインターネットブラウザはInternet Explorer(当記事ではIEと略します)でした。これがwindows 10ではMicrosoft Edge(通称Edge)というブラウザに変わっています。(ちなみにインターネットブラウザとは、インターネットを見るソフトのことです)

 

ですが、このEdgeが実に使いにくい…^^; 今までのIEから使い方が一新されて最初は使い方に戸惑う、というのを抜きにしても使いづらいです。一番の使いづらさはフリーズが多いこと。元々windows 10が入っている現行の最新パソコンでもフリーズが結構あります。

あとは、使いづらいのに加えてEdgeを使う理由が今の所ないと言うのが本音でしょうか。インターネットをする時、私はIEを含めた複数のブラウザを使い分けています。(主にIE、chrome、Firefoxなどメジャーどころを使用しています)それは用途によって一番使い勝手が良いブラウザが違うからです。そんな私ですが、残念なことに今のところEdgeを使うと便利!という局面がありません

 

2016年1月現在、日本で使用されているブラウザはIEとchromeが一位二位を争っており、二つ合わせて計50%以上のシェアを占めています。Edgeが通常使用であるwindows 10パソコンの普及が進むにつれてEdgeの使用率はどんどん高まるとは思いますが、chromeが上位に登っているのはその使いやすさが為です。それを考えると、秀でた特徴が無いEdgeが一位に登る余地は今のところはなさそう。ただし、Edgeは発表されてからまだ間もないブラウザですので、今後アップデートされるに従って化ける可能性は大いにあります。

(なお、windows 10にアップグレードしたけどIEを使い続けたいという方はIEを使い続ける方法もありますので、これは後日違う記事で掲載します^^)

つまり、windows 10の使い勝手は…?

以上のように、windows 10の使い勝手はどうなるか?というと、一般的なことにしか使わない方にとってはスタートメニューが復活するのが一番のメリットのように感じます。その他は、(windows 10を悪く言うつもりはないのだけれど)OSのサポート期間が長くなる以外はそこまでwindows 10にする大きなメリットはなさそうです。

2、windows 10にしたら不具合は起きる?

windows 10にしたら不具合は起きる?

「windows 10にしたらネットが使えなくなって困ってしまった」

「なんか音が出なくなったんだけど…」

「いや、そもそも起動しなくなっちゃったよ!」

 

実際に私の元に修理でお持ち込みされた症状のいくつかを上記に挙げてみました。これはほんの一例で、windows 10にアップグレードした時の不具合内容は種々様々です。また、今現在でもアップグレードによる不具合の相談は結構あります

この「不具合が起きる可能性がある」というのが、windows 10アップグレードをする際に最も注意しなければならないことです。不具合が起きると写真や書類などのデータが消える可能性がありますし、最悪は初期化をしなければならないこともあります。(初期化するとパソコンに入っているデータや各種設定した内容が全て消えます。一大事!)

 

では、不具合が起きる確率は高いんでしょうか?しっかりした細かい統計を取っていないので私個人の体感もいくらか入ってしまい申し訳ありませんが、windows 10にした時の不具合はそこまで多くは無です。

そう考える理由は2つあります。

まず一つは、私はwindows 10リリース当初より、お客様からアップグレードの希望を受けて多くのパソコンをアップグレードしていますが、その際に不具合が起きたパソコンはありません。(もちろんアップグレード後のフォローもしていまして、問題が発生したパソコンは今の所無いです)

もう一つは私の元に寄せられる全相談に対するwindows 10アップグレードの不具合のご相談は、そこまで多くなくて全体の5%くらいだということです。この数字はwindows 10の不具合自体が多いかどうかの指標にはなりませんが、いままでの経験から言うとそこまで多い数字ではありません。windows 10アップグレードの不具合がもっと多ければ、全相談件数に対する割合ももっと多いです。

 

とはいえ少なからず不具合が発生する場合があるので、アップグレードする時は慎重にやりましょう

ちなみにwindows 7でもwindows 8.1でも不具合は起きる時は起きます。長く多く使っていれば使っているほど、windows 10にした時にシステムの整合性が取れなくて不具合が起きやすいです。windows 7の方が不具合が起きやすいのはこのためです。

ですのでもしwindows 10にアップグレードする時は、不具合がもし起きても良いようにデータを取っておくなどの対策をしっかりしておきましょう!アップグレードする際の対策に関して知りたい方は下記参考の別記事に詳しく書いていますので見てみて下さいませ^^

 

参考⇒これだけは気をつけたい!windows 10にアップグレードするときの注意点

3、今すぐwindows 10にアップグレードしたほうが良いのか?

まず結論から申し上げると、購入時期によって今すぐアップグレードしたほうが良いかは変わります。なぜなら、

・長く使っているほど不具合は起きやすい

・購入してすぐのパソコン(まだ何も使っていないパソコン)なら元に戻しやすい

からです。

 

まず半年以上前のパソコンならwindows 10リリースからだいぶ経った今でもまだ焦ってアップグレードする必要はないと思います。

というのも、windows 10にすることによって劇的に使いやすくなるわけでもありませんし、windows 10でなければ使えないことというのも特にありません。さらにwindows 10に無償でアップグレードは今年2016年の7月28日までやっています。

リリースから度重なる修正で大分マシになっていると言っても、やはり長く使っているパソコンほど不具合の確率は高くなります。ですので、今年の5月くらいまではまだ様子を見てもいいと私は思います^^けれど、気づいたら無償アップグレード期間が終わっていた!なんてことにならないようにだけ気をつけてくださいね(笑)

 

逆に、今から型落ちのwindows 8.1モデルを購入する方や、つい最近windows 8.1モデルを買われてまだほとんど使っていない方は、もし不具合が起きても元に戻しやすいので、windows 10にしたい場合はすぐにしてしまったほうが良いです。

その際は万が一のときにいつでも初期化が出来るように、windows 10にする前に必ずリカバリディスクの作成をして下さいね!

まとめ:windows 10にアップグレードするのは今年の夏でいい!

windows 10アップグレードは今年の夏で良い

以上、windows 10リリースから約半年が経った今現在のwindows 10の状況でした。基本的にアップグレードにネガティブな内容になっちゃいました^^;

私自身は新しいもの好きなので、本当はwindows 10にアップグレードしたいんです。システムごとバックアップも全て取っているので万が一不具合が起きてもなんら問題はないのですが、そうなったときに元に戻すのが少し面倒臭い…。何よりwindows 10にアップグレードするメリットがそこまでないのが現状かなと私は思います。(windows 10の見た目がwindows 7よりも8よりもシャープで好きってくらいです笑)

 

表題の「結局windows 10にアップグレードするべきか?」に対する私の見解としては、 今のところは特にwindows 10にアップグレードはしなくても良いというものです。

なぜかというと、

・特にwindows 10でしか出来ないことは見当たらない

・windows 10にするとサポート期間が2015年まで伸びるとは言っても、windows 7の延長サポートも2020年1月まであるので、その頃までには間違いなく買い替え時になっている

・不具合が起きるリスクがある

といったような理由からです。

 

みなさんにとっては不具合が起きるのがはやり一番怖いんじゃないでしょうか?ですのでwindows 10にアップグレードしたい方は今のうちに必要なデータをちょこちょことバックアップしておきながら、無償アップグレード終了間近の今年の5月くらいをめどに再度アップグレードするか検討するのが良いと思います^^

3 Responses to “結局windows 10にはアップグレードするべき?しないべき?”

  1. 株式会社ネクシス より:

    不具合が怖いので辞退希望

  2. オオサンショウウオ より:

    ぼくは、windows10にしてよかったと思います。
    使いやすくなりましたもともとは7でしたが、10にしてクールさが増してよくなりました。
    もう期間は終わりましたがもしそのような機会がありましたらしたほうがいいと思いますよー

オオサンショウウオ にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ